FC2ブログ
2018伊東市 その4
Mon.09.04.2018 Posted in 伊東
180323熱海-000211昨年、見学した「東海館」です。昭和2年、旅館として開業しました。熱海の起雲閣ほど贅を尽くしていませんが、それでも三階建ての木造建築はスケールも大きく見応えがあります。伊東においでの時はぜひ足を運ばれるようお勧めします。現在旅館としての営業はしていません。


180323熱海-000213「東海館」表側です。


180323熱海-000215東海館に向かって左隣に同じような造りの旅館があります。東海館よりやや格が落ちる感じですが、入っていないので分かりません。こちらは旅館として営業中ですが、素泊まりで、すべてセルフサービスです。


180323熱海-000219東海館と旅館の裏側です。

« 2018伊東市 その5 | Home | 2018伊東市 その3 »

comments

一枚目
唐破風の玄関屋根が目を惹きますね
鶴の彫り物が見事です
昭和の美ここにあり・・・ですね
外国の観光客の方々にも喜ばれるかと思います

二枚目
お写真の建築美を拝見させて頂き伊東市の文化施設になって本当に良かったと思いました
これだけの建物は今では建築は不可能かと思われます
日本は今まであまりにも多くの価値ある建物を壊しています
修復保存することにより伊東市に足を運ばれる方も多くなり
結果また町が栄えることにもなります
もっとPRも必要ですね
はせがわさんのお写真によって東海館を訪れる方も多くなると信じています

三枚目
引き戸のガラスの文字を拝見すると旅館室内より撮影されたようですね

四枚目
和風洋風が入り乱れるごとく絢爛ですね
二つの形状が異なる望楼に魅了されます

りらさん、こんばんは。
1枚目、2枚目、りらさんのおっしゃる通りで伊東市に感謝ですね。
熱海にも明治時代に建てられた三階建ての大きな旅館があったようなのですが大分昔に取り壊されてしまいました。
もしそれが残っていればこの東海館と双璧をなしたと思われます。
でも熱海市は起雲閣を残しておいてくれたのでそれだけでも充分ですね。
東海館を知ったのは偶然で伊東に古い建物があるのを知り、どうしても見たくなって去年の7月に初めて伊東を訪れました。
もっと宣伝をすれば伊東の観光客も増えるかもしれませんね。
3枚目、撮影は外からです。
素泊まりのみなので夕食は和家さんで済ませてから、一泊して中の様子を撮ってみたいと思います。
4枚目、対照的に造られた望楼が面白いですね。
これを見るとこの旅館は東海館と一体で造られたように見えます。
やはり泊まってみたくなりました。
コメントありがとうございました。

立派な玄関口

こんにちは。
玄関の構えが宮造り風で、老舗旅館に多かった建築様式のような記憶があります。
装飾の彫り物も立派ですね。今は営業されていないとのことですが、いつか誰かが後を継いで営業再開となるのでしょうか?!
ちょっと期待したい気持ちもありますね。。。

yokoさん、遅くなりました。
コメントありがとうございます。
ほかの多くの日本旅館と一緒で廃業したあとはここも取り壊しの話があったようなのですが、貴重な日本の財産を守ろうと云うことで
伊東市が買い取り管理しています。
多分旅館として再開することは無さそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する