FC2ブログ
ひな飾り 2
Fri.23.02.2018 Posted in 雛祭り
160217真壁-5336箱に貼り付けてあるようなぺちゃんこのお雛様です。

160217真壁-5352歌いながら踊っているようです。


160217真壁-5303履き物屋さんのお雛様です。


170224真壁-1187ひな祭りシーズンは流行っていそうです。

« 2018勝浦雛飾り その1 | Home | ひな飾り »

comments

一枚目
愛嬌のあるお雛様ですね
平安調が多い中江戸時代風ですよね
髪型や服装に江戸を思わせます
関東ならではですね

二枚目
三人官女ではなく歌う双子姉妹ですね
楽しいですよね

三枚目
左手に履物右手に七段飾り
最高に素敵な被写体となりましたね
お雛様はそれほど年代物ではないようですが・・・
ある程度の年数は経っていますね
この店舗のお嬢さんがお子さんの頃に購入されたのかもしれませんね
結婚されて室内に飾ることはなくなったので店頭に飾り・・・
ディスプレーと思い出の両方を兼ねているのかもしれませんね

四枚目
あま酒の文字に目を惹かれます
実は私はアルコールは殆ど飲めないのですが甘酒は大好きなのです
この店の可愛い暖簾をくぐり丸椅子に座り・・・
甘酒下さい・・・と言ってみたいです
どのような方が応対してくれるのでしょうね
想像すると楽しいですね

りらさん、コメントありがとうございます。
今日は勝浦まで雛飾りを撮りに行ってきましたのでリコメが遅くなりました。
勝浦の雛飾りは後ほどアップさせていただきます。
1枚目、なにやら商家の夫婦のようにも見えますね。
りらさんの見立てでは関東風なのですね。
でも見方によっては記者会見でお母さんが息子に耳打ちするお伊勢さんのお土産屋の母子にも見えます。(笑)
2枚目、古いですがこまどり姉妹を思い出します。
りらさんが生まれる前でしたね。
けっこう人気がありました。
3枚目、真壁では2月になるとほとんどの商店はお店にお雛様を飾ります。
大きな商家は有形登録文化財に指定されているところも多いので、古いお雛様と相まってそれは見応えがあります。
関東ではこれ以上のところはありません。
この履き物屋さんは建物は登録文化財クラスではありませんが、お雛様は価値がありそうですね。
4枚目、りらさんは下戸でしたか、いつか機会があれば居酒屋にでもお誘いして写真談義でもしたいなと思っていました。
私は呑兵衛のほうなので飲むほどにりらさんに冷たい目で見られそうです。
甘酒ならいいですね。
私は甘酒も好きですから機会があったら甘酒で乾杯しましょう。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する