FC2ブログ
2018南牧村 9
Sun.11.02.2018 Posted in 南牧村
180116南牧村-5035昔からいつもこの状態なので、行くと必ず撮ってしまう風景の一つです。田舎の人はこだわらないというか、おおらかというか、ほほえましい光景です。


180116南牧村-5054飾り気のない看板ですが Simple is best を感じます。私には生きていくうえで無くてはならない二つです。


180116南牧村-5039 南牧村では珍しい三階建てのようです。三階には雨戸が付かないようですが、大きな庇で雨をよけるのでしょうか。かなりの豪邸なので昔の庄屋さんだったのかなと想像しています。


180116南牧村-50503枚目の家の表側です。道路より一段低くなっているので石段を下りて敷地に不法侵入、室内を盗撮していたら、気配でにゃんこが起きてきました。私の顔を見て鳴いているので遊び相手を欲しがっているようでしたが、家人に見つかって不審者扱いされるといけないのでそっと離れました。

« 2018南牧村 10 | Home | 2018南牧村 8 »

comments

長谷川さん お早うございます
穏やかな日差しを受けて良い風景ですね。
三階建てのこの家本当に立派です。座敷の作りも家の貫禄を覚えます。
房総の家並みとの違いを強く感じますね。

一枚目
右手の道の曲がり方が魅惑的です
その道沿いに建つ家はまるで土台が無いかのように見えますね
一階の日当たりの良い部分と悪い部分・・・
それは植物に顕著に表れています
家屋はまるで右手にいくに従い傾斜しているように見えて楽しいですね
洗濯物の干し方の基本を見る思いです それに住む人の几帳面さをも思います

二枚目
Simple is best 
意味合いは異なりますが 私は断捨離が好きです
室内は生活感がありません
例えばゴミ箱さえ置きません
台所と洗面所のみに置いてあります
台所にはテーブルがありますがそこには可愛い小物がディスプレーされています
その為テーブルを食事で使用出来ません
食事はシンクの上で食べています
食べると食器はすぐ洗い器や鍋等はすぐシンクの下や引き出しに収納します 
当然ながら食器洗いのあとの籠や食器棚はありません
その為に台所に入ると生活用品は目に入ることはありません
全てがその調子なので友達には悪評です
モデルルームにきたみたいで落ちつかないそうです
シンプル過ぎるのも・・・・ですよね

三枚目
この家屋の三階で以前は隠れんばをしていた幼い声が聞けたことでしょうね
屋根に座って星を見ていたかもしれません
そんな夢あることを想像させてくれます

四枚目
室内に見える障子柄の引き戸がいいですね
三体の年代物のこけしが見えます その上のカレンダーの右手の下がり紐にある飾り
思い出ある品物なのでしょうね
時折思い出ある品物さえ断捨離してしまう自分に反省です

相子さん、こんにちは。
この家は養蚕農家でも無かったようで、農業はやっていたようですが、家の造りからでは
よくわかりませんでした。
家の大きさや屋内の様子ではかなり資産家だったようです。
高齢者の夫婦かあるいは一人住まいとするとこの大きな家もやがて空き家になり、猫の飼い主もいなくなってしまう可能性もあるので、こころが痛みます。
ありがとうございました。

りらさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
1枚目、左側に南牧川、右にその支流が分かれていますので、ここはどちら側も敷地は道路よりも低くなっています。
南牧川沿いの家は道路の高さまでかさ上げしたところと、半地下状態のところと様々です。
洗濯物をこれだけ表に堂々と干しているところはこの家だけで南牧村の名物になりそうです。
支流の方からきている道路とT字路になっているのでそちらからくると真正面になります。
2枚目、りらさんの性格の一端がうかがえるお話ですが、断捨離が出来る人は羨ましいです。
きれいに片付いてさっぱりした部屋は好きなので少しりらさんを見習って断捨離してみようなと思っています。
3枚目、2階から屋根に出て、エイッと飛べば道路に出られそうなので、内緒で家から脱出するには良さそうですが
帰りは屋根の方が少し高くなるので難しいかも知れません。
なんて想像するより屋根に腰を下ろして星を眺める方が夢がありますね。
4枚目、室内の一つ一つ、どれも魅力がありますよね。
どうしても撮りたくて忍び込みましたが、良い子のりらさんは真似をしないで下さい。
あんなものどうして取っておくのだろうと捨てたくなるかも知れません。
コメントありがとうございました。




コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する