FC2ブログ
会津田島への旅  12
Thu.28.02.2019 Posted in 会津田島
190213会津田島980-4152
老舗の蕎麦屋さんですが、営業はしていない様子、平日のお昼時なので廃業してしまったようです。


190213会津田島980-4166
立派な建物ですが、1階部分にブルーシートが張られています。
表札が外されているのを見ると住む人はいないようです。




190213会津田島980-4174
会津若松行AIZUエキスプレスです。
2両連結ですが乗客の姿はほとんど見えないので会津鉄道の経営も苦しそうです。


190213会津田島980-4180
田出宇賀神社の鳥居です。
800年の伝統を持つ、会津田島祇園祭がこの神社を中心にして行われます。
何十人もの花嫁姿の行列もあります。



190213会津田島980-4183
会津田島祇園会館。
祭り関連の展示があるようですが、足が痛くて通りを渡る元気がありませんでした。

会津田島の旅を終わります。
毎日ご覧いただきありがとうございました。
会津田島への旅  11
Wed.27.02.2019 Posted in 会津田島
190213会津田島980-4053
赤い鳥居の直ぐ近くにあった幼稚園です。
外から見る教室には誰もいないようだったし、庭は雪でいっぱいなので休園かと思ったのですが、もしかするとやっているのかな。



190213会津田島980-4054
波板で補修はしてありますが、木と土で出来た家は日本を感じさせてくれます。


190213会津田島980-4057
簡易型雪だるまです。



190213会津田島980-4061
土台がしっかりした祠、ブリキ製の屋根が雪国を思わせます。


190213会津田島980-4063
燃料用の薪を積んだ小屋があります。
福島県でも薪の使用は禁止されていると思うのでこのまま減ることは無いのでしょう。
会津田島への旅  10
Tue.26.02.2019 Posted in 会津田島
190213会津田島980-4022
鴫山城跡」の看板があり、細い雪道の先に赤い鳥居が見えます。
ここまで来る途中で、みなかみでも使ったスパイクを付けていたので、行ってみることにしました。
写真では分かりづらいですが、緩い上り坂になっています。


190213会津田島980-4027
城門の代わりに鳥居がありますが、神社もあるのでしょう。


190213会津田島980-4029
夏は芝生の公園になっているようですが、一面の雪で、訪れるのはスノボーを持った子供くらいかも知れません。


190213会津田島980-4035
水をたたえた堀が出来る以前の山城にはから堀というのが時折あるのですが、水を引くことが出来ない場所だったのでしょう。
水のある堀に比べるとガードは甘かったでしょうね。



190213会津田島980-4038
ここに二階建ての城門があったようですが、今は石垣があるだけです。
この石垣も復元されたものだそうです。
本丸跡は山の上にあるようです。
ここから少し上がったのですが、踏み跡も無くなったところで引き返すことにしました。
雪が無いときに来れば、軽いハイキングになりそうです。
会津田島への旅  9
Mon.25.02.2019 Posted in 会津田島
190213会津田島980-3998
飲み屋さんと違ってラーメン店はあまり景気に左右されない気がするのですが、平日の昼食時に閉まっているということはやはり廃業してしまったのでしょうか。
最近は人手が足りなくて閉店するところも多いようなのでそのせいもあるかも知れません。



190213会津田島980-4007
ここもかなり大きな和風旅館だったようですが、営業している様子はありませんでした。
二階の障子の破れが侘しいです。




190213会津田島980-4014
暗くなると外へ出てちょっと遊びたい気分になるのが旅館の宿泊客(全部ではありませんが)なので、このスナックも向かいの旅館をかなり当てにしていたと思います。
旅館の廃業後はどうなったか気になります。


190213会津田島980-4016
水門のようですが雪があるのでどうなっているのか分かりませんでした。
この近くには田んぼが無いので灌漑用では無いようです。



190213会津田島980-4019
カーブミラーがあると自撮りをする癖があるのですが、小さくて分かりませんね。
プロフィールにある写真を撮ってから間もなく5年になるので、現在の顔を出すと騙されたと思う方もいると思います。
知らなければ昔のままなのでプロフはこのままにしておきます。

会津田島への旅  8
Sun.24.02.2019 Posted in 会津田島
190213会津田島980-3985
あまり太いのはありませんでした。
スマートなつららです。




190213会津田島980-3988
石造りの魚屋さんの建物も昭和初期建築と思われます。
塩くじらとかにしんの山椒漬けとか食べてみたくなりますね。
山国の会津地方は生魚などは入ってこなかったので塩漬けのクジラは昔からあったそうです。



190213会津田島980-3991
土と木の家ですが、なんとなく会津を感じる建物です。


190213会津田島980-3992
緑白赤の三色旗はイタリア大使館?
よく見たらイタリアンの店でした。




190213会津田島980-3997
AM1:00オープン?
AM:11:00~でした。
多分廃業しているでしょうね。
会津田島への旅  7
Sat.23.02.2019 Posted in 会津田島
190213会津田島980-3974
國権酒造です。国家権力思わせる名前ですね。
左党には好かれても、左党には嫌われそうです。
酒どころ会津なので造り酒屋は多いと思うのですが、会津田島で見かけたのはこの一軒だけでした。
何処でもそうですが、造り酒屋さんは敷地も建物も広くて大きいですね。


190213会津田島980-3975
國権酒造の建物です。
白壁と瓦屋根が権力(?)を物語っているに感じます。



190213会津田島980-3978
昔風に云うとお大尽のお屋敷ですね。



190213会津田島980-3981
何かの商店だったようですが、右のドアにCAFEと書かれています。
1階部分は内外共にすっかり改装したようですが、すっきりとしたいいデザインですね。



190213会津田島980-3983
大谷石造りの大きな建物ですが、名前が取り外されているので何の建物だったのか分かりませんでした。
銀行のようにも見えますね。


会津田島への旅  6
Fri.22.02.2019 Posted in 会津田島
190213会津田島980-3958
電線1本に支えられているようにも見えます。
雪はかなりの重さと思われますが、丈夫なものですね。

190213会津田島980-3960
創業昭和9年の老舗旅館です。
こちらは未だ営業しています。
写真撮っていたら若女将らしい女性が出てきて笑いかけてくれました。
口コミでは評判のいい若女将なので一度泊まりに行き、館内の撮影もしてみたいです。



190213会津田島980-3965
威風堂々とした感じの玄関です。
ガラスも磨き込んでありますね。



190213会津田島980-3967
横から奥を覗いてみました。
ずっと奥まで和泉屋旅館の建物です。

会津田島への旅  5
Thu.21.02.2019 Posted in 会津田島
190213会津田島980-3942
時折見かける大谷石造りの蔵です。
大谷石は主に塀の材料として使われていますが、風化が早く耐用年数は長くありません。
現在では表面に塗布して劣化防ぐ塗料も開発されているようですが、この蔵はいつまで持つのか気になります。




190213会津田島980-3944
駅前の大通りです。
100メートルほど先で国道121号線の日光街道に突き当たります。


190213会津田島980-3946
大きな雪の塊が今にも落ちそうに見えます。
「屋根の雪に注意」に現実感があります。



190213会津田島980-3948
これと、上の1枚と下の1枚は合わせて3枚は同じ建物です。
玄関の柱に添木をしてありますが、赤いポスト用とは思えず、かといって柱の補修用としてはあまり役に立ちそうにも見えません。
この庇はかなり重そうです。


190213会津田島980-3951

比較的最近廃業した旅館「佐の屋」です。
会津田島への旅  4
Wed.20.02.2019 Posted in 会津田島
190213会津田島980-3927
間もなく会津田島へ到着です。
気になる雪の量はまあまあのようです。


190213会津田島980-4123
到着しました。
停まっている電車は会津田島始発の浅草行東武特急です。
スペーシアでは無いようです。
これに乗れば乗り換えなしで浅草まで行けます。



190213会津田島980-3932
パスモ、スイカ類は使用出来ず、券売機も無いので、駅員さんが発券用のパソコンを叩きながら切符を売っています。
小さな窓口でなく、カウンターなので地元の人はかなり触れ合いを感じるでしょうね。



190213会津田島980-3931
この大きなお土産売り場は、かって会津田島が賑わっていたころの名残のように感じました。


190213会津田島980-3939
駅前広場です。
大きなモニュメントは大雪の時に積雪量の目安になりそうです。
除雪された雪が山になっていました。
   会津田島への旅  3
Tue.19.02.2019 Posted in 会津田島
190213会津田島980-3908
中三依温泉駅ホームの向こうに見えた建物です。
新そばを自分で打って出来立てを食べる、考えただけで美味そうですね。



190213会津田島980-3912
一度女性運転士さんを撮ってみたいと思っているのですが一度も出合ったことがありません。
youtubeで見て我慢しています。


190213会津田島980-3915
間もなく会津高原尾瀬口駅です。
お土産屋さんが見えます。



190213会津田島980-3919
ここから1日1往復だけあるバスに乗って沼山峠まで行き、大江湿原から尾瀬沼までを散策、帰りも沼山峠からバスに乗ってここまで戻ってくると、日帰りで尾瀬沼を見ることが出来ますが、本格的に尾瀬を味わうなら、やはり鳩待峠から尾瀬ヶ原をひと回りして鳩待峠に返るコースがお勧めです。


190213会津田島980-3922
車窓風景です。
赤いトタン屋根が目につきますが、地方では瓦屋根よりトタン屋根が多いところがありますね。
雪下ろしがしやすいのでしょうか。

NEXT PAGE »