FC2ブログ
益子2017 その3 雛めぐり
Tue.28.02.2017 Posted in 益子
それぞれの店のショーウィンドーにお雛様が飾られていました。
益子らしく焼き物の人形が多かったです。


170224益子-1-14


これは十二支の動物たちで作った干支雛です。
今年は酉年なので鶏が内裏雛になっていますが、二つとも雄鶏というのが面白いです。


170224益子-1-15


170224益子-1-16


170224益子-1-21


これはお寺に飾られていたお雛様。お寺に幼稚園があるのでしょうね。

170224益子-1-18
益子2017 その2
Mon.27.02.2017 Posted in 益子

益子には大型陶器店が何軒かありますが、この大誠窯はトップクラスの大型店の一つです。

170224益子-1-7


店の右手奥に焼成窯があり、焼きあがった陶器を取り出しています。

170224益子-1-8


右の方にある台に並べていました。

170224益子-1-9


大誠窯の4代目?5代目? 大物の顔だちです。

170224益子-1-11


ロウバイが大きな壺に生けられています。

170224益子-1-10
益子2017 その1
Sun.26.02.2017 Posted in 益子
霧降の滝を撮った後、益子に回り目についたものを撮ってきました。
ひな祭りをやっていたので少し撮ってあります。

1枚目だけスマホでの撮影です。

16819213_1050972551675988_135494122722497784_o.jpg


170224益子-1-37


人間国宝島岡達三の店
数万円から数百万円の作品までたくさん並んでいました。


170224益子-1-38



170224益子-1-36
霧降の滝2017
Sat.25.02.2017 Posted in 日光
冬の霧降の滝を撮るのは初めて。以前未だ木々が芽吹かない頃撮ったのは未だポジフィルムで撮っていた時代なので、20年近く前のことです。その後、新緑や紅葉の霧降の滝を撮りましたがそれもずいぶん前のことなので、久しぶりの再会でした。
観瀑台への道は途中3ヶ所ほどそれぞれ10㍍程度氷が張ったところがあるので用意したアイゼンを着用、以前アイゼンを着用したのは西沢渓谷以来なので、これもずいぶん久しぶりのことでした。


170224霧降-1-2



こちらは観瀑台から見た女峰山、右の方の影になったところに霧降の滝があります。

170224霧降-1-4
足尾2017 付録
Sat.25.02.2017 Posted in 足尾

わたらせ渓谷鉄道終点「間藤駅」
昔はこの先の足尾精錬所内「本山駅」まで運行されていたのですが、精錬所が閉鎖になりて鉄道も廃止になりました。


170209足尾-1-14
足尾2017 その8
Thu.23.02.2017 Posted in 足尾
仁田元沢の林道を少し登ったところです。もっと奥まで行きたかったのですが、東武日光行のバスの時間があと45分となり、残念ながらここで引き返すことにしました。
行きは東武特急りょうもう号で相老まで来て、そこでわたらせ渓谷鉄道に乗り換え、終点の間藤駅まで来るのですが、帰りはバスで東武日光駅に出てそこから東武快速で帰ることにしています。


170209足尾-1-85


旧足尾精錬所そばにバス停があるので疲れた足で間藤駅まで歩かずに済みます。

170209足尾-1-87


足尾も10年前に日光市と合併し同じ市内になってしまったのですが、以前はこのトンネルを抜けると日光でした。日足(にっそく)トンネルです。

170209足尾-1-88


トンネルを抜けたところです。奥日光からいろは坂を越えて雪雲がやってきますので足尾側より積雪はおおいです。

170209足尾-1-90


雪道が続きます。

170209足尾-1-91


いろは坂から日光市街に向かう道に出ました。この日は比較的暖かかったので道路の雪は解けていました。間もなく東武日光駅に到着します。

170209足尾-1-93
足尾2017 その7
Wed.22.02.2017 Posted in 足尾

直進すると松木沢、左に降りて左折すると仁田元沢方向です。左に行きます。


170209足尾-1-80



松木沢です。岩石の流出が多いので河床を浚っています。

170209足尾-1-82


傍の方に松木沢の水路が作られていました。

170209足尾-1-83



仁田元沢方面へ向かいます。振り返ると私の踏み跡だけが残っていきます。


170209足尾-1-84


仁田元沢に入ります。

170209足尾-1-57
足尾2017 その6
Tue.21.02.2017 Posted in 足尾
ゲートの手前にある7段の砂防堰堤です。
樹木や土の無い松木沢は岩肌がむき出しのため、保水が出来ず、岩石の崩落も激しいので、大雨の時は激流となってたくさんの岩石が流れ出します。
松木沢の出合には他に久蔵沢、仁田元沢と合わせて三つの沢が合流するので広大なスペースが出来ており、その出口にこの堰堤があるので、大量の岩石を食い止めることが出来ています。


170209足尾-1-60


ゲートをくぐり100㍍ほど歩くと、左に折れる道が出て来ます。曲がらずに直進すると久蔵沢、左折すると松木沢、仁田元沢方面です。これは左折方向を見たところです。なお、ゲートは二輪車以上は関係車両以外通行止めですが、歩行者は通行することが出来ます。

170209足尾-1-61


久蔵沢に掛かる橋の上から久蔵沢上流方面を見たところです。沢筋の道を詰め、峠を越えると中禅寺湖に出ますが、峠道はほとんど消滅しているようです。

170209足尾-1-62


鹿による食害を防ぐため、植樹した木の周りにはネットが張り巡らされていますが、破れなどの傷みがあるので年間を通して補修する必要があります。足尾の冬は気温が低いので大変な作業です。

170209足尾-1-63

二人で組んで作業されていました。ごくろうさまです。

170209足尾-1-65
足尾2017 その5
Mon.20.02.2017 Posted in 足尾
170209足尾-1-23


170209足尾-1-51


170209足尾-1-19


170209足尾-1-55


170209足尾-1-59
足尾2017 その4
Sat.18.02.2017 Posted in 足尾
170209足尾-1-16


170209足尾-1-30


170209足尾-1-43


170209足尾-1-47


170209足尾-1-48

NEXT PAGE »