FC2ブログ
小田原 5
Tue.31.01.2017 Posted in 小田原
陶器店の右側
170122小田原-1-11


陶器店の左側
170122小田原-1-12


饅頭屋さん

170122小田原-1-13


暖簾だけ写したので商売不明です。
170122小田原-1-14
小田原 4
Mon.30.01.2017 Posted in 小田原
国道1号線(東海道)に出ました。
通りの両側を信号一つ分だけ歩いてみました。

こんな近くに小田原城の出城?と思って近づいてみたら「ういろう」の本店でした。
明治時代にこの場所で「ういろう」の販売を始めたそうです。

170122小田原-1-7


「ういろう」の向かい側にメガネスーパーの本社ビルがありました。
170122小田原-1-8


小田原は梅の産地です。年代物の梅干しがいろいろ置いてありました。食用では無く薬にするのかも知れません。
170122小田原-1-9


梅干し各種です。
170122小田原-1-10
小田原 3
Sun.29.01.2017 Posted in 小田原
小田原城を出て海の方に向かうことにしました。
城の近くにあったカフェ3軒です。

先ず城下町らしい趣のカフェ、玉露でも出て来そうです。

170122小田原-1-3


次はちょっと神戸を思い起こすような風見鶏のある港町風カフェです。
170122小田原-1-4


三つめはレストラン風ですが横浜にあるような感じのするカフェでした。
170122小田原-1-5
小田原 2
Sat.28.01.2017 Posted in 小田原
小田原駅から一番近い入り口には堀も門もありませんでした。多分昔は無かった通路で、観光用に作ったものと思われます。
170122小田原-1-26


最近改装が終わったところだったようで、城の内外はとても綺麗でした。場内は資料展示室になっていて北条家の歴史、最後まで上洛を拒んだため秀吉に攻められ、ついには降伏したいきさつなどが詳しく紹介されていました。
170122小田原-1-18


途中は省略して一気に5階の展望台へ。相模湾の向こうに伊豆大島が見えました。強風だったので海面が波立っています。
170122小田原-1-11 (2)


こちらは手前に小田原駅、遠方は丹沢山塊です。右端が大山、中央付近赤白の鉄塔の左後ろが塔ノ岳、その左後ろの雪をかぶった山が蛭ガ岳、左の雪の付いたやまが檜洞丸(ひぼらまる)です。18歳の時ガイドブックと5万分の1地図を手に単独で表尾根から塔ノ岳、大倉尾根と縦走、、クライマーとしての私の青春が始まりました。

170122小田原-1-10 (2)
小田原 1
Thu.26.01.2017 Posted in 小田原
ちょっと思い立って小田原まで行ってきました。

以前熱海へ行っていたころは東京駅発の快速アクティ熱海行というのに乗っていたのですが、上野品川ラインというのが出来てから東京始発がほとんど無くなり、熱海行は宇都宮や高崎から直通になったので、上野に来るときは満席状態で先ず座れなくなりました。
それでJRより安い小田急の急行快速というのを使うことにして松戸から千代田線の終点である代々木上原まで行き、同じホームで待っている小田急に乗って小田原まで行ってみました。往復だと1200円も違うので多少時間がかかっても断然お得です。


終点の小田急小田原駅です。
170122小田原-1-01


小田原は不案内でなにもわからないのでとりあえず小田原城へ向かってみました。
170122小田原-1-24


天守閣が見えて来ました。
170122小田原-1-25
足尾2016 続き 3
Wed.25.01.2017 Posted in 足尾
161218足尾-9770


161218足尾-9774


161218足尾-9783


161218足尾-9790


161218足尾-9792


ここからバスで東武日光駅へ向かいました。 おわり
161218足尾-1
足尾2016 続き 2
Sat.21.01.2017 Posted in 足尾
銀山荘の先でT字路を右に曲がり、備前楯山(びぜんたてやま)登山口方向に向かいます。たくさんの落石がある道は恐怖です。
161218足尾-9756

備前楯山登山口まで、疲れた足にはつらい上りでした。ここは登山口脇にある駐車場で車なら登山口まで歩かずに来られます。
足尾の山並み越しに顔をのぞかせた男体山が見えます。

161218足尾-9762

ここからやっと待望の下りになったのですが、大きな落石が緊張を高めます。
161218足尾-9765

といめんの山には植樹用の岩棚が作らています。この辺ははげ山になったところは無いと思っていたのですが、山の向きによって毒煙に当たったところもあるようです。
161218足尾-9766

木の根を分けて岩がにょきにょき顔を出しています。面白い光景なので一枚撮っておきました。
161218足尾-9767
足尾2016 続き
Wed.18.01.2017 Posted in 足尾
足尾の写真が途中だったので続きを載せます。


銀山荘が休館中だったので手前にあるこちらの宿が頼りになります。

161218足尾-9730

この建物の後ろに猿田彦神社というのがあるのですが、帰りのバスの時間が気になり立ち寄りませんでした。

161218足尾-9732


戦時中、全国の炭鉱や鉱山には大勢の中国人や朝鮮人が連行され過酷な強制労働を強いられていたようです。中国人犠牲者の碑は建てられていたのですが、朝鮮人のそれは右翼の妨害が激しく建てることは断念したそうです。

161218足尾-9742



国民宿舎「銀山荘」です。今年の9月まで改装のため休業しています。


161218足尾-9751
西新井大師
Mon.16.01.2017 Posted in 西新井大師
雪の足尾を撮ろうと出かけたのですが、途中、東武電車から見る足尾方面の空は不穏な雲に覆われていて、山はかなり吹雪いている様相でしたので、行っても撮れないと仕方が無いと思い館林から戻ってきてしまいました。北千住から乗ったので一つ手前で降りて乗りなおす必要があり、まだ行ったことが無い西新井大師に初詣をすることにして立ち寄ってみました。日曜日だったので混雑しているかなと思ったのですが、時間が早かったせいかまだ空いていました。


立派な山門でしたので近寄って見上げるアングルで迫力を出してみました。
170115西新井大師-1


本堂も成田山や浅草寺クラスの立派なものでした。
170115西新井大師-1-5


いつもは人がいっぱい群がるところですが、正月も15日になると早朝は大分空いて来ます。この母娘は煙をすくっておなかをこすっていました。お正月に食べ過ぎておなか周りが太ったのかも知れません。
170115西新井大師-1-6


高崎まで出かけなくてもこちらでいろいろな大きさを選べそうです。値段も500円くらいからあり、お手頃そうでした。
170115西新井大師-1-4


おじさんがなにか説明をしているのですが、小さい子向きに話していないので女の子には難解そうでした。それでも「うん、うん」と相槌をうちながら聞いていましたが、ほんとは早く向こうにいるお母さんのところへ行きたかったのかも知れません。
170115西新井大師-1-2
富士吉田市
Sat.07.01.2017 Posted in 富士吉田市
富士急行三つ峠駅で電車を降りて富士山探しながら歩いていたのですが、富士山がすっかり雲に隠れてしまったので、仕方なく目に付いた光景など撮って歩いていました。

小さな水車がありましたが、これは水車に着けてある箱に里芋など入れて洗うものです。
170102富士山-1-4


富士山があればもっと良かったのですが、「道」です。
170102富士山-1-5


こんなところにわさび田がありました。安曇野や伊豆のわさび田に比べるとかなり密集して植えてありますが、かなり傾斜のあるところなので水の流れは速いです。
170102富士山-1-6

NEXT PAGE »