FC2ブログ
早朝営業
Tue.30.09.2008 Posted in 熱海
atami016.jpg

グリーンがかぶっていたのでトーンカーブでGを押さえたら補色のマゼンタ被りになった写真です。
ホワイトバランスをとればもっとすっきりするかもですがこのまま出しておきます。

珍しく朝7時前から開店していた熱海の食料品店、熱海にはヨーカドーも西友もジャスコも無いので経営が成り立っているようです。


熱海一等地のマンション完成
Tue.30.09.2008 Posted in 熱海
atami015.jpg

竣工した温泉付き豪華マンションはお宮の松に向かい合って熱海湾を望む熱海でも最高の場所にある。
年に何度か行われる熱海の花火は目の前に繰り広げられる。
手前はかって熱海一の場所にあった高級ホテルの跡、栄枯盛衰である。
1,500円の温泉
Mon.29.09.2008 Posted in 熱海
atami012.jpg

熱海では日帰り温泉の看板が結構目に付く。
スーパーのセールのように感じてしまう。
和風旅館
Mon.29.09.2008 Posted in 熱海
atami004.jpg

かって熱海には数多くの和風旅館があったのだがそのほとんどは廃業に追い込まれるか高層ホテルに建て替えられるかしてしまった。
廃業になり取り壊れた跡地には大型マンションが乱立しておりかっての熱海の風情はすっかり消えてしまった。
この熱海さくらやは数少なくなった和風旅館の一つでいつか泊まってみたいと思っている。
初島遠望
Mon.29.09.2008 Posted in 熱海
atami003.jpg

左端の建物以外は宿泊施設平屋部分の全景で一番向こうにある建物が浴室、風呂場まで歩きでがある。
この手前に3階建ての建物があり、その301号室からの撮影。
久しぶりに熱海の写真です。
Sat.27.09.2008 Posted in 熱海
atami001.jpg

JRPの夏期セミナーや所属する支部の合宿などでこの夏は熱海に3度も泊まりに行ったが、ついで写真はなかなかものにならず、猛暑だったこともありたいした写真は撮れなかった。
今年2月から8回ほど通った熱海であるがそろそろ一段落付けなくてはと考え、まだ発表してなかった分をアップさせて頂こうと思うのでよろしくおつき合い下さい。

この写真の元画像は全体にコントラストが低く、朝靄でも掛かったようで最初使いものにならないかと思っていたのであるが、VivezaとPhotoshopで手を入れた結果大分良くなったと思う。
2台のダンプ、アスファルトの道路、右の階段、左のベージュ色の建物、正面のビル群、その奥の緑の樹木とビルと、全部で6つに区分して、それぞれ個別に明るさ、コントラスト、彩度、一部色相もをいじっている。
お勧めの写真誌
Fri.26.09.2008 Posted in フォトグラファ-
34_00.jpg

今月の編集長の言葉

「風の旅人」34号 “時と揺”

 揺らぎは、新しい認識を孕み、
 新しい認識は、未来を育む。
 
 新しい段階に発展していく時や、新しい事態に備えたりする時、自然は微妙に揺らいでいます。状況に応じて必要なものを選び取っていく自由を確保するためには、揺れ幅が必要になるのでしょう。微妙な揺らぎによって全体がうまく調整され、結果的に強い力となるのは、自然の摂理のようであります。昆虫の触角は常に揺れ動いているし、力強く空をきる鳥の翼は、一枚ずつの羽が微妙に揺らいでいます。子供を固定した価値観に縛り付けてしまうと激しく苛立つのは、もしかしたら生物の本能によって、生きていくうえで大切なものが損なわれる危機を察知するのかもしれません。
 美しいとか汚いとか、正しいとか間違っているなど現代社会の様々な思考分別や知識は、永遠普遍の固定した価値を示すものではなく、一つの時代における便宜上の線引きにすぎないと思われます。
 それはそれで人間社会を維持していくうえで必要な目安ですが、その枠組みの中で自分の心の揺れを完全に抑圧して生きることが自然の理に適っているとは思えません。
 巨大メディアが自己保身のために組み立てる世界のなかでは、相変わらず、”今風”とか”最新”とか”有名”など固定した切り口でステレオタイプが繰り返されていますが、私たち一人一人は、自分の体験を通して言うに言われぬ感覚を記憶のなかに蓄え、魂の陰影を深め、そこを揺籃として新しい認識を育てており、その認識が、少しずつ、確実に、自分の未来につながっているのだと思います。

「風の旅人」編集長 佐伯剛
久しぶりにDP1でスナップ
Fri.26.09.2008 Posted in その他
ginza.jpg

今年の「視点」で視点賞を受賞した金井紀光プロが銀座キャノンギャラリで個展を開いているので出かけて来た。
視点賞受賞カメラマンの作品だけあって見応えのある写真展であった。
帰りがけに「勉強させて頂きました」と云ったら「勉強してはいけませ」んと云われてしまった。
人の写真の真似はしないというのが金井プロの信条なのだろう。
それでも「たくさん吸収させて頂きました」と云うと嬉しそうに笑っていらした。

銀座キャノンから有楽町駅までの間、スナップしながら歩いた。
これはその1枚、お二人のお嬢さん、勝手にアップしてしまってごめんなさい。

蕎麦の里のコスモス
Thu.25.09.2008 Posted in 甘楽郡
コスモス蕎麦の里
望郷
Wed.24.09.2008 Posted in 南牧村
コスモス南牧村

何度か登場した写真ですがVivezaで仕上げ直してみました。

NEXT PAGE »