FC2ブログ
青い空は着色です
Thu.28.08.2008 Posted in 南牧村
018.jpg

薄曇りの空や逆光の空はほとんどが真っ白に写ってしまうので通常は空の部分は入れないで撮るのだが、朝日の当たる山が魅力的だったのを撮ったら案の定空が白くなってしまい使い物にならなくなってしまった。
普段はしないのだが試しに空部分に色を付けてみた
やり方はいろいろあるが、空部分が同一の白だったのでフォトショップの色域指定で空部分を選択、あとは調整レイヤーからチャンネルミキサーで夜明けごろの色を出してみた。
銀塩モノクロなら空部分を焼き込んで絵作りするところなので、デジでのこの程度の加工もありかなと勝手に理由付ける。

激戦の跡
Wed.27.08.2008 Posted in 南牧村
16.jpg

硫黄島の塹壕を思わせるヘルメットの列というとオーバーであるが、人生を戦い抜いた人たちの思いが残されているかのように感じられた。
畑のある墓地
Tue.26.08.2008 Posted in 南牧村
32.jpg

墓地の写真など縁起でもないと見たがらない方もあるかと思うのだが、南牧村では好んで墓地を撮りまくった。
家は古くなると建て替えてしまうのだが墓石は立て替えることは無い。
長い間子孫の生活をを見続ける祖先の目を感じるせいかも知れない。
時の肖像
Tue.26.08.2008 Posted in 南牧村
15.jpg


悠久の時の流れの中にある今というこの一瞬もたちまちその流れに飲み込まれて過去という形に姿を変えてしまう、なんてことを感じるような古いお堂でした。
屋根付き球技場
Mon.25.08.2008 Posted in 南牧村
38.jpg

山の上に作られた屋根付きの球技場。
この更に上に戸建ての宿泊所が5棟ほど作られているのでこの施設は村人のために作ったのでは無いようだ。
利用されているのかは疑問。
古い家並み?
Sun.24.08.2008 Posted in 南牧村
41.jpg

古い家並みでも、祭りでも、ネコでも、波消しブロックでも、何でもいいから撮り続けることが大事だと思う。
外国の写真を撮るならせめて最低でも7回は通って欲しい。
私の周りの写真家はみなさんそうしている。

この写真は今年「視点」に入選した8枚組の1枚です。
大きな日よけ
Sun.24.08.2008 Posted in 南牧村
34.jpg

太陽が真上にある季節にはかなりの日よけ効果がありそう..
換気筒
Sun.24.08.2008 Posted in 南牧村
39.jpg

南牧村には青いトタン板を貼った家が散見されるが、最初からトタン板が貼ってあったのか窓枠をアルミサッシにするときにトタン板を張り付けたのか不明。
トイレ用の換気筒は水洗トイレが一般化するまでは何処の家にも見られたものだが、現代の若者には意味不明の煙突に見えるだろう。
作業場
Sat.23.08.2008 Posted in 南牧村
40.jpg

こちらは畑の端に作られた本格的な作業場。
のぞいて見るのは気が引けたのでどんな作業をするのかは判らなかった。
大人の遊び部屋
Sat.23.08.2008 Posted in 南牧村
31.jpg
手前の花のある鉢が道路との境界、屋根だけ付けて物を置くと作業場らしい雰囲気が出て来る。
ここで植木の手入れをする老人は、子供部屋で遊ぶ小さな子供たちと同じ心境かな..

NEXT PAGE »