FC2ブログ
大根
Thu.23.11.2006 Posted in 山村
だんだん畑

白菜や大根が採れ過ぎたので価格の暴落を防ぐため、今日からトラクタ-などで踏み潰すそうである。
この山村にある畑は急峻な裏山を切り開いて数十段のだんだん畑が作られていた。
僅かな耕地で機械に頼らず苦労して作られた野菜は我が子同様のいとおしさを感じるであろうから、この村の人たちはそんなニュ-スをどのような思いで聞いているのだろうか..
Sat.18.11.2006 Posted in 山村
県境の村

群馬県から長野県に向かって峠を上って行くと県境の標識のある峠の直ぐ手前に小さな集落が出てくる。県境が曲がりくねっているのかこの集落は長野県と出ていた。
県境の手前の筈なのにこの集落は長野県なのである。
峠は日航機墜落事故のあったおすたかの峰に続いている。
かなりの山の中であるが大きな屋敷が多い。
屋敷の直ぐ脇に立派な墓石がある家が何軒かあった。
みな新しく作ってあったので同じ時期に一緒に作ったようである。
子どもや孫はみな都会に出てしまって残っているのは年寄りばかり、自分のために立派な墓を作ったのかなといらぬ想像を巡らしてしまう。
墓誌の裏に自分を映しこんで1枚撮ってみた。
呼ばれるかな?

廃屋
Wed.15.11.2006 Posted in 山村
今は昔

山村も都会の団地も高齢化の波は同じように押し寄せ廃屋と空き部屋は年ごとに増えつつあるのが現状。
この村の人口はおよそ3000人であるがこの1年で約100人減少している。
住人のほとんどは高齢者なので死亡率は上がる一方であるから、単純に考えると10年後には今の半分になり15年後には人影まばらな「天界の村」と同じようになってしまいそう。

一人暮らし
Fri.10.11.2006 Posted in 山村
南牧村にて

ここのところ支部展用の作品準備で気持ちの余裕が無く、ブログの方はすっかりお留守になってしまいました。
にも関わらず昨日は31人もの方においで頂き申し訳無い気持ちでいっぱいです。
明日中に作品も決まり来週中にはプリント、額装もしてしまいますので、その後はまた常盤平団地にとりかかるつもりでいます。
またよろしくお願い致します。