FC2ブログ
旧釜トンネルの思い出
Tue.09.10.2018 Posted in 長野県
taisyouike-hodaka.jpg
大正池と岳沢


azusagawa-yakedake.jpg
梓川と焼岳


昔、穂高で岩登りをしていたころは松本駅や新島々駅から上高地まで路線バスで入り、そこから涸沢まで60㎏のキスリングを背負って入っていたのですが、山を止めたあと車で上高地まで行けたのは2度ほどで、やがて自家用車の規制が始まり、釜トンネルのずっと手前で大きな駐車場に車を入れ、そこからバスかタクシーに乗り換えないと入れなくなってしまいました。
12月なると釜トンネルは閉鎖されてバスもタクシーも入れなくなるので、冬の間は釜トンネルの手前に車を止め徒歩で入るほかなくなります。
99年の3月、雪の上高地が撮りたくなり、夜中に走って夜明け近く旧釜トンネルへ到着、トンネル入り口の少し先のやや道路が広くなっているところに路上駐車してトンネルに向かいました。
you tubeなどでその後の写真を見るとトンネルの天井に蛍光灯がずらりと取り付けられていますが、当時は照明設備は何もく無く、手掘りままの荒れた岩肌がむき出しになっていました。
初めの100メートルくらいは左側の壁は柱状になっていて、外部と通じているのですが、それを過ぎるとまさに暗黒の世界が待っています。
ヘッドランプの光が行く手を照らすのですが、光の外側には亡霊たちが蠢いているようで、また背中からは冷たい手に首筋を撫でられそうな気がして、息が止まりそうな恐怖でした。当時釜トンネルは事故で死んだトンネル堀の工夫たちや山での遭難者の幽霊が出ると噂の高い心霊スポットで、1km近くあるトンネルは長い道のりでした。
雪の上高地の思い出はきれいな風景より釜トンネルでの恐怖が心に残っています。
なお、新トンネルが出来てからはまだ上高地へは行っていません。
明けましておめでとうございます
Sun.01.01.2017 Posted in 長野県
170101年賀-1
残暑お見舞い  その6   大町山岳博物館 (青春賦)
Thu.15.08.2013 Posted in 長野県
130811安曇野-13大町市の小高い所に建てられた山岳博物館。
2階の窓から北アルプス後立山連峰の絶景が見られるのだが時間が午後になってしまい太陽が山の上に掛かってしまったのと水蒸気の発生で山は見ることが出来なかった。

130811安曇野-14当時の登山家にとっては垂涎の的だった山内や門田のピッケルとアイゼンが並べられていた。登山家にとっては国宝級であった。

130811安曇野-16
私が10代のころ朝日新聞に連載中から夢中になり、いつかは登りたいと願った前穂高や北穂高の岸壁を舞台にした井上靖の小説「氷壁」。当時使われ始めたナイロンザイル切断による遭難が題材となっていた。山好きの友人数名と山岳会を作りロッククライミングのトレーニングに励み、3年目目の夏には憧れの岩場北穂高滝谷を登攀していた。


130811安曇野-15のちにダークダックスが歌って有名になった「いつかある日」の一節は新聞を切り抜き宝物のようにしていたのを思い出す。

いつかある日 山で死んだら
古い山の友よ 伝えてくれ

母親には 安らかだったと
男らしく死んだと 父親には

伝えてくれ いとしい妻に
俺が帰らなくても 生きて行けと

息子たちに 俺の踏み跡が
故郷の岩山に 残っていると

友よ山に 小さなケルンを
積んで墓にしてくれ ピッケル立てて

俺のケルン 美しいフェイスに
朝の陽が輝く 広いテラス

友に贈る 俺のハンマー
ピトンの歌声を 聞かせてくれ

残暑お見舞い  その5
Wed.14.08.2013 Posted in 長野県
130811安曇野-17


130811安曇野00
(Lightroom5でのdata)  露出+1.00, コントラスト+15, ハイライト-100, シャドウ+50, 白レベル-15, 黒レベル-12, 明瞭度+53, 自然な彩度+20

130811安曇野-18


130811安曇野-19
EF24-105F4L
長野県大町市
残暑お見舞い  その4  祈り
Tue.13.08.2013 Posted in 長野県
130811安曇野-4


130811安曇野-6


120630安曇野-11
EF24-105F4L Lighteoom5
長野県
残暑お見舞い  その3  青木湖夏景
Mon.12.08.2013 Posted in 長野県
120630安曇野-10
12/06/30 撮影

130811安曇野
13/08/11 撮影
EF24-105F4L

130811安曇野-10
昨日、観測史上初の高温を記録した日本列島、標高820メートルの青木湖でも30℃もありました。
とても避暑地にはなりそうもありません。

残暑お見舞い  その2
Sun.11.08.2013 Posted in 長野県
120630安曇野-6


120630安曇野-2


120630安曇野-3
EF24-105F4L Lightroom5
長野県
12/06/30 撮影
残暑お見舞い
Sat.10.08.2013 Posted in 長野県
120630安曇野


120630安曇野-8


120630安曇野-4
EF24-105F4L Lightroom5
富山県黒四ダム  長野県大王わさび農場
12/06/30 撮影

昨年の撮影です。
県境の村 その2
Fri.21.06.2013 Posted in 長野県
061022南牧村19


061022南牧村15


061022南牧村17


061022南牧村16
EF24-105F4L Lightroom5
長野県佐久市
06/10/22 撮影
県境の村 その1
Wed.19.06.2013 Posted in 長野県
061022南牧村01


061022南牧村02


061022南牧村03


061022南牧村04
EF24-105F4L Lightroom5
長野県佐久市
06/10/22 撮影

初めて群馬県の南牧村(なんもくむら)の撮影に出かけた際、その先の細い峠道を長野県側まで行って撮ったもので、山奥に家が数軒だけの集落があった。

NEXT PAGE »