FC2ブログ
銀山平への道 1
Sat.15.12.2018 Posted in 足尾
2年前の撮影既出です。
前回はカラーでしたがモノクロにしてみました。


1612108足尾980-1



1612108足尾980-1-2



1612108足尾980-1-3



1612108足尾980-1-4



1612108足尾980-1-5
視点2018 「足尾・在りし日」
Sun.17.06.2018 Posted in 足尾
今年の「視点」に出品したもう無くなってしまった足尾の風景です。今では貴重な記録になりました。

足尾203
廃線になった旧足尾線です。


070624足尾-0040
旧本山精錬所です。現在は、下段右側の煙突と左の方中段にある円筒形の2基のタンク、左端の白い建物だけが残っています。上段には巨大なソーラーシステムが配置されていますが、川沿いの道路からは見えません。


足尾0150
松木沢の奥、林道が終わるあたりの少し小高くなったところに、旧松木村の墓石を集めたものがあったのですが、このあたりの道路工事のせいかどこかに移動したようでした。


070311足尾-0145
旧社宅です。かなり傷みがひどかったので綺麗に取り払われ現在は更地になっています。


070311足尾-0176
円形の共同洗い場は残っていますが。後ろの建物はありません。


足尾218
この建物は地区の集会場だったようで、地区のグループが運動会などでもらった賞状が残されていましたが、今では建物もありません。
2016夏 足尾 4
Fri.20.04.2018 Posted in 足尾
160710足尾-000185


160710足尾-000160


160710足尾-000164


160710足尾-000163
2016夏 足尾 3
Wed.18.04.2018 Posted in 足尾
160710足尾-000155


160710足尾-000156


160710足尾-000157


160710足尾-000159

GR
2016夏 足尾 2
Mon.16.04.2018 Posted in 足尾
160710足尾-000140


160710足尾-000146


160710足尾-000150


160710足尾-000152
2016夏 足尾 1
Sun.15.04.2018 Posted in 足尾
一部既出もありますが、2016年7月に撮った足尾です。この時は通洞にある「さんしょう家」さんへ行く予定でしたので本山精錬所までは行かず、本山小学校跡を撮ってから間藤駅まで戻りました。

160710足尾-000087わたらせ渓谷鉄道の車内販売員の方たちです。朝の列車ではお目にかかることは無いのですが、おひるどきだったのでお弁当を売っていたようです。途中駅で降りたので列車の停車中に撮らせて頂きました。

160710足尾-000110わたらせ渓谷鉄道終点「間藤駅」の先(手前側)は廃線になっており、線路には夏草が生い茂っています。


160710足尾-000115足尾のメインストリートです。人影はありません。


160710足尾-000165足尾線廃線跡ですが、この手前のレールが一部撤去されていました。いよいよ廃線跡も無くなってしまうのかなと心配したのですが、それ以上は進まずこの状態で現在も残されています。

16/07/10撮影
GR
わたらせ渓谷鐡道の春  旧作
Thu.05.04.2018 Posted in 足尾
070408わたらせ渓谷鉄道-0023「本宿駅」ホームに立つには上の道路からこの階段を利用します。


070408わ鐵-0139撮影地点不明です。


070422わ鐵-0276上の道路から桜が見えたので、駅と桜だけでも撮ろうと思っていたら偶然トロッコ列車がやってきました。駅名は撮ってなかったので不明です。


070422わ鐵-0286トロッコ列車の出発です。停車中に撮影地点を移動、ナイスなポイントで撮ることが出来ました。
2018足尾Ⅲ 4
Wed.21.02.2018 Posted in 足尾
180209松木沢-6068松木村の想像図です。精錬所の毒煙で村を去るようになるまで、ここに肥沃で平和な村がありました。

180209松木沢-6067周りの山に緑が戻るまではまだ長い年月がかかりそうです。


180209松木沢-6143松木村の墓地があったところです。


180209松木沢-6078松木沢のジャンダルムと呼ばれる岩峰です。たまにクライマーが来るようですが、岩がもろそうです。この岩峰の上は中倉山になります。
2018足尾Ⅲ 3
Tue.20.02.2018 Posted in 足尾
180209松木沢-5975進行方向の大分先の方に鹿の姿があったのですが、私が近づくと川を渡り対岸の土手に駆け上がると一目散に逃げ去って行きました。時折銃による駆除が行われるので人間に対する恐怖心は強いようです

180209松木沢-6028進行方向左手の雪と氷の沢です。大きな堰堤が造られ土石流の発生を防いでいます。

180209松木沢-6048旧松木村だったところ、精錬所のカラミ(残滓)を投棄し続けた堆積場(山)になっていました。

180209松木沢-6047上の写真の場所の少し上流部になります。
2018足尾Ⅲ 2
Mon.19.02.2018 Posted in 足尾
180209足尾-5938足尾ダム(右側)と銅(あかがね)親水公園です。ダムの手前に大きな吊り橋があり、それを渡ると公園になっています。左側の建物は公園内にあるトイレや休憩所です。


180209足尾-5937
植樹したところは雑草など生えやすい状態になります。そのまま放っておくと雑草の方が勢いが強くなってしまうので、春先に雑草を刈り取る作業があります。この日は5人の人が草刈りをやっていました。チェーンソーなどは使わず手作業でしたので、足元の悪いところで大変そうでした。


180209足尾-5986松木沢の雪と氷の岸壁を撮りたいと思って出かけたのですが、雪は強風に吹き飛ばされてあまり残っていませんでした。松木沢の出合い付近です。


180209足尾-5990松木村があったあたりの河原に4基の墓石が残っていました。いままでなんどか通った道なのにこの墓石は気が付きませんでした。写真でも見たことが無いので気が付かない人が多いのかも知れません。河原に下りると上がるのが大変そうなので、この位置からしか撮れませんでした。

NEXT PAGE »